日々のちょっとした気になる事、悩みの解消法について

パニック障害の大発作に油断は大敵

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

パニック障害に油断は大敵です。予防薬【パロキセチン】は1日3回しっかりと服用しておけば、パニック障害の発作が起こりにくい状態になります。私の倍は【パロキセチン】でしたが他にもあります。

【パロキセチン】以外にもパニック障害に有効な薬はあります。しかし、私は他の薬は使っていないので知りませんが、今パニック障害にかかっている方でも私と同じ薬の人と違う人がいると思います。

そもそもパニック障害の場合は人混みが大敵です。その為外出出来るようになっても薬は財布にいれておく必要があります。いい加減な治療方法では治るものも治らなくなってしまいます。

ここで1日3回飲まなければいけない【パロキセチン】は、服用を忘れると大発作を起こしかねません。私は服用していても大発作に襲われました。
今この病気と闘っている人は大発作の経験はありますか?

大発作とはなんなのか?私の場合は失神した事が何度もあります。その度に救急搬送され、救急隊員の方のお世話になりました。失神を経験した事のある人はいますか?失神はかなり重傷です。

パニック障害は少しの油断も見逃しません。本当に厄介な病気です。パニック障害は発作が起きるとこのまま死ぬのではないかと思う程辛いです。今闘病中の方でも同じ思いをした方は多い筈です。

パニック障害を完全に防ぐ方法はありません。ただし完治してしまえば起こりません。一見矛盾しているように思えますが完治へのプロセスはちゃんと用意されていますから、安心して下さい。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になる事は調べてみよう。 , 2014 All Rights Reserved.