日々のちょっとした気になる事、悩みの解消法について

精神疾患に侵された中で1番厄介だったのは大切なものを壊したこと

WRITER
 
この記事を書いている人 - WRITER -

自分が精神疾患に侵された中で1番厄介だったのは感情のコントロールが全く効かなくなった事です。
自分は昔から短気でしたがそれに拍車がかかって、暴れたい放題でした。

実に壊した時計8個。その中には、80万円で買ったブルガリの時計もありました。
時計を壊すとどういう事かと言うと癇癪をおこし、廊下に時計を思いっきり叩き付けるのです。
時計は1発で全壊。その癇癪をおこしている間はかなりの興奮状態にありますから、一晩眠って次の日になんで時計が壊れてるんだとなる訳です。

完全に自業自得の世界ですから悪いのは自分です。
そんな癇癪状態は大抵土曜日に起こりました。

今精神疾患を患っている方で癇癪を起して自分を見失った事のある人もいると思います。
私は8個も時計を壊してしまいました。主治医の話によると躁うつ病らしいです。主な原因は。

8個の時計は3か月で全て壊しました。
今考えると尋常じゃないですよね。かなりのものだと思います。
躁うつ病は6か月の短期でなおりましたが、今躁うつ病の治療中の方には大切なものは家族に自分が分からない場所へしまってもらいましょう。
そうすれば癇癪を起しても損失は最小限で済みます。毎回癇癪を起す度に貴重なものが壊れていったら堪ったものではありません。

少なくとも自分のお金で買ったものか、プレゼントされた大切なものです。自分の愛用しているもののをもう少し大事にしてみましょう。躁うつ病が治った時にあー勿体無い事したなと後悔するのは本人です。

この記事を書いている人 - WRITER -

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© 気になる事は調べてみよう。 , 2014 All Rights Reserved.